弁護士紹介

弁護士 中井 將嗣(なかい まさし)

略歴

1973年 京都市生まれ
1989年 知多市立知多中学校卒業
1992年 愛知県立旭丘高等学校卒業
1997年 京都大学理学部卒業
1998年 中国留学(西安の西北大学)
1999年 京都大学大学院理学研究科修士課程修了
1999年~2005年 日本学術振興会特別研究員
2002年 京都大学大学院理学研究科博士後期課程修了
同  年 京都大学博士(理学)
2005年~2006年 華僑系商社及び税理士事務所勤務
2010年 神戸学院大学法科大学院卒業
同  年 司法試験合格
2011年 弁護士登録
2014年 当事務所開設

前歴

 弁護士になる前は、大学で研究者をしていました。
 専門は、形質人類学(physical anthropology)という分野でした。
 形質人類学の基礎は、解剖学(系統解剖学、比較解剖学)です。
 そのため、大学院の初年度には、夏に、2か月連日で、人体解剖実習がありました。
 ところで、人類学は、伝統的に、フィールドワーク(現地調査)が重視されている分野です。
 周りには、アフリカ、東南アジア、アマゾンなどにフィールドワークに行っている人が、多くいました。
 ヒトを調査している人もいれば、チンパンジーやゴリラなどの霊長類を調査している人もいました。
 そのような中で、私が選んだのは、場所は中国、対象はヒトでした。
 大学院の1~2年次(1998年春~秋)に中国に留学したのは、今後のフィールドワークに役立つよう、時間のあるうちに、現地で語学を勉強しておこうと思ったためです。

税理士業務

税理士業務開始通知済(名古屋国税局)

入管業務

入国在留審査関係申請取次届出済(名古屋入国管理局)

趣味

中国語

 旧HSK(漢語水平考試)の級位は8級(初級通訳レベル)でした。
 今はたぶんかなり衰えています。
 中国語には、「弄巧成拙」、「上有政策、下有対策」、「落葉帰根」など、味わい深い言葉が多くあります。

囲碁

 学生時代、関西学生名人になりました。今はたまにネット碁を覗く程度です。
 段位は8段(「東洋囲碁」という国際ネット対局場での段位)です。

 

Powered by Flips